HOME > マルシメブログ > その他 > 炭火焼の話!

マルシメブログ

Marushime blog

炭火焼の話!

その他

こんにちは!通販部のTです。オリンピックにちなんでピクトグラムを作ってみました( ´∀` )まぁそれはさておき、今日は炭火焼きの話です。

マルシメ21の炭火焼たたきを焼くための火

炭火焼は何で美味しくなるの?

魚や肉のたんぱく質は、約90℃以上になるとかたく焼き締まり、旨みの脂が絞り出されるように失われていきます。たんぱく質に火を通すには、85℃~90℃位で十分です。ですが、時間をかければかけるほど脂(旨味)が逃げ出していきます。そこで炭火焼です。炭火で焼くと、遠赤外線が表面のたんぱく質を高温(300℃~1000℃)で焼き固めるので、脂(旨味)が中に閉じ込められ、中は蒸し焼き(サウナ状態)になり、外はカリッと焼き目がつき香ばしく、中はふんわりとジューシーに焼き上がります。さらに炭火の煙でいぶされ食欲を誘うこと間違いなし(❁´◡`❁)

遠赤外線って?

地球上に存在する物質は大なり小なり遠赤外線を発しています。私たち人間からも発生してるんですよ!紫外線など電磁波の仲間です。電磁波は物質にあたると、振動して摩擦熱が発生します。(電子レンジの原理です。)特に木炭は加熱すると遠赤外線の発生量が多く、一気に高温にまで温度を上昇させることができます。

炭火焼きのコツ!

炭火焼きのコツは昔から「遠火の強火」と言われています。炭火はの火力は中央に集まる特性があるので、両端を厚くし、中央に薄く炭をひくことで、火の火力を均等にする事ができます。ご家庭でバーベキューなどを行う場合、知っていたらもっと楽しめるかも!

メバチ又はキハダまぐろのカマ750g以上

お盆のお休みは3密は回避しなければなりませんが、お家でバーベキューを楽しんでみては!(↑のまぐろのカマも炭火で焼くと美味しいよ(*/ω\*) )

ルシメ21のネットショップはこちら👈カマはここから買えます!

焼津 マルシメ21楽天市場店はこちら

↓初めてコメントする方はマルシメ側で確認してからサイトに表示させていただきますので少しお待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

商品に関するご質問など、
お気軽にお問い合わせください。