HOME > マルシメブログ > 社長通信 > 海外リゾートで一番良かったホテル!

マルシメブログ

Marushime blog

海外リゾートで一番良かったホテル!

社長通信

数年前まで1年に8~10回位海外に出ていた。

一番多いのは工場があった、マレーシア120数回、次がタイで約100回、3番目がベトナムだ。

海外リゾートにはあまり行くことはなかったが、それでも何回か行った。

マレーシアのペナン島、ランカウィ島他、タイのプーケット他、ベトナムのニャチャン他、インドネシアの

バリ島他、ハワイのホノルル、ハワイ島などだ。

その中で一番は、タイのプーケット島から1時間程度走ったところにある、カオラックのザ.サロジンだ。

オーナーはヨーロッパ人で、タイのカオラックに理想のホテルを作りたい、ということで作ったホテルだ。

このホテルは出来上がる直前に、タイの津波にあい、すべて流されてしまい、オーナーは再度建築するか、

やめるか、相当悩んだらしい。

そのサロジンはすばらしい、4棟の2階建て建物で数十室しかないが、ホテル関係者は100人を超す。

4人で行ったが、2人は1階で庭に東屋付き(外に寝れるベンチのようなもの)、私たちは2階で50坪弱。

2階には小さいがプール付き。

何もしないのがリゾート、にはうってつけ。写真は朝食のレストラン、オープン形式でドアがない、向こう側はすぐに海だ。ホテルで朝食はバイキング式、というのは普通だが、このサロジンは何をどのくらい食べてもいいが、すべてメニューからのオーダー形式である。

どんなものを、例えば同じものを何回頼んでもいいわけだ。

作り置きではないから、その都度温かいものは温かくでてくる。

朝のシャンパンも無料だ、ウエイターがシャンパンはどうですか、と言うのでにっこり笑って、1杯いただく。

飲み終わって、本当はもう1杯飲みたいな、と思っているともう1杯いかがですかとくるので、またもらい、その後は遠慮なく3杯、4杯となり、とうとう最後は「親父いい加減にしろ」と怒られる始末。

その日はホテルのツアーで、川下り、象に乗ってジャングルの中に行く、などがあったから、飲み過ぎは厳禁だね。

普通、川下りや象に乗っては、そこそこで終わるはずであるが終わらない、川下りは1時間弱で象に至っては1時間以上象に乗ってジャングルを歩き回るんだからさすがに飽きる。

それでもホテルから食事や飲み物をもって、ホテルのボーイはついてくるんだから大したものだ。

ここに3泊ほど泊ったがこんないいホテルはない、ベストシーズンならもっと高いが我々が泊った部屋で1部屋3万円強(2人)、下の部屋は2万円程度だったと思う。

ホノルルのホテルでも、1泊5万円なんてざらだし、日本だって2人で3万円なんてホテルはちょっとしたホテルでは、当たりまえだからそれから見れば、ずいぶん安い。

以前ある息子さんが結婚すると言ったので、このサロジンいいぞって、言ったが嫁さんはあんまり海外に興味ないんだよなと言っていた。その後しばらくして会ったら、サロジンに新婚旅行で行ったというではないか、すごく良くて、ここならまた行きたいと奥さんが言ったというので、奨めたかいがあったもんだ。

ぜひネットで、サロジンかザ.サロジンで調べてみたらいいよ、絶対にお奨めのホテルだ。

↓初めてコメントする方はマルシメ側で確認してからサイトに表示させていただきますので少しお待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

商品に関するご質問など、
お気軽にお問い合わせください。